HOME > 初心者の方へ【パチンコ】

初心者の方へ
パチンコ台の構成
1サンド
遊技台の横に設置された、パチンコ球を貸し出す機械の事です。パチンコの場合、台の左側の機械が自分のパチンコ台に対応しています。
2球貸ボタン・返却ボタン
このボタンを押す事で球が500円分ずつ貸し出されます。遊技終了の際は、となりにある返却ボタンを押す事でお金が残っているカードが返却されます。
3ハンドル
パチンコ球を打ち出す握りの部分です。通常は液晶画面の左側を球が通るように打ち出し、画面に案内が出た場合右側に強く打ち出します。
4入賞口(スタートチャッカー)
この穴に球が入る事で大当たりの抽選が行われます。
5アタッカー
主に大当たりの際に開く部分で、ここに球が入ると賞球が払い出されます。
6ナンバーランプ
遊技台の上に設置された、大当たり回数の情報や最終大当たりからの回転数、スタッフの呼び出しボタンなどがついた機械です。
7保留球
入賞口に余分に入った球の事です。通常4個、状況によっては8個まで記憶されます。それ以上は多く入れても記憶されません。
8演出用押しボタン
画面の指示に従ってボタンを押すと、様々な演出に発展します。なお、ボタンを押し忘れても大当たり抽選の結果には影響しませんので、安心してお楽しみください。
用語解説
遊技大当たり確率
遊バチ・甘デジ
大当たり確率がおおむね1/100前後と、高めの遊技台の事です。大当たりの演出を比較的お手軽に楽しむ事が出来ます。
ライトミドル
大当たり確率がおおむね1/150~1/200前後と、やや高めの遊技台の事です。楽しみやすさと出球感の両立が図られています。
ミドルタイプ
大当たり確率がおおむね1/300前後の、パチンコにおける一番スタンダードな確率域の遊技台の事です。パチンコの醍醐味が一番感じられるかも?
MAXタイプ
大当たり確率が1/400前後の遊技台の事です。当たった際の期待感はピカイチです。
遊技台の状態
確変(確率変動)
確率変動と言い、大当たり確率が当りやすく変動しているチャンス状態の事です。電チューによって球が入賞口に多く入り、球減りが少なくなります。
時短(時間短縮)
演出の変動時間が短くなると共に、電チューによって球が入賞口に多く入り、球減りが少なくなります。
電チュー
電動チューリップの略です。通常は閉じていて、特定箇所を球が通ると抽選を行い、開閉します。確変・時短状態の時は高確率で解放され、球減りが少なくなります。
遊技台のタイプ
デジパチ
入賞口での抽選の結果をメインデジタルで表示するタイプの遊技台の事です。現在の遊技台はほとんどがデジパチの分類に含まれます。
羽根モノ
入賞口に球が入ると役モノの羽根が開き、Vゾーンと呼ばれる穴に入ると大当たりする遊技台の事です。デジパチより比較的遊び易い部類の遊技台になります。
その他の用語
ST機
大当たりの際に高確率で確変状態になるかわりに、大当たりを引かなくても規定の回転数を越えると通常状態に戻る仕様の遊技台の事です。
突確
突然確変の略で、通常状態から大当たりを経由せずいきなり高確率状態(確変)に昇格したように見せる演出です。実際は出球の少ない大当たりが発生し、高確率状態に昇格しています。
擬似連
1回のデジタル変動を2~4回デジタル変動が続いているように見せる演出です。
演出が続くほど大当たりの期待が高まります。
ラウンド / カウント
大当たりの際、アタッカーが開く回数をラウンド、開いている間に入れることの出来る賞球数をカウントと言います。一般的に、「◎ラウンド/○カウント」などと言います。
ジェットカウンター
パチンコ球/メダルを流して計数する機械の事です。スタッフが対応致しますので、交換をご希望のお客様はお気軽にお声がけください。
スランプグラフ
各遊技台の出球の波を描いたグラフの事。データビジョンで見る事ができます。データビジョンは操作も簡単なので、是非活用してください。
STEP1 球の借り方

プレーされるパチンコ台の左側にお札の挿入口がついている機械(球貸し機/サンド)※1があります。
ここにお札を入れましょう。すると、球がジャラジャラと出てきます。
もし出て来ない場合は、パチンコ台に「球貸」※2と書かれたボタンと「返却」※2と書かれた2つのボタンがあるはずです。そのうちの「球貸」と書かれたボタンを押してください。すると、球が出てきます。

STEP2 遊び方

パチンコ台の右下にあるハンドル※3を右に回してみましょう。盤面左側から球が飛び出してきます。
ここで、球飛びの強弱を調整するため、ハンドルを上手に調整しましょう。
一番右までハンドルを回してみると球が力強く弾かれますので、パチンコ台の、大体真ん中あたりに落ちるように調整します。
球が台中央下にある入賞口(スタートチャッカーと呼びます)※4に入ると、液晶画面の図柄が回転します。
球が1つスタートチャッカーに入ると上中下または左中右の絵柄が1回回って停止します。
これを繰り返し、絵柄が揃えば大当たりです。

STEP3 大当たり

リーチの後、同一絵柄が3つ揃いました!大当たりです!
さあ、今までどおり球を打ち出しましょう。
大当たり中は、盤面中央下のアタッカー※5と呼ばれる部分がパカッと開きます。
ここに球を入れると賞球があります。
下皿からどんどん球が出てきます。この下皿から球を抜いて、目の前のドル箱に球を入れましょう。
鮮やかな演出が終わり、下皿から球が出て来なくなりました。大当たり1回分が終わりです。

完全確率方式って何?

パチンコには大当たり確率というものがあります。例えば、大当たり確率が1/350だったとすると、球が入賞口に入るたびに350分の1の大当たり抽選が行われています。350回デジタル画面を回転させれば必ず 1回大当たりするわけではありません。抽選のたびに1から350までの数字があるルーレットが回ることを想像してみてください。
今回あなたの欲しい数字は1だと仮定します。ルーレットを回したときに1が出る確率が1/350だからといって、350回回せば必ず1が出るわけではありません。
その度1/350の確率で大当たり抽選が行われていること、これを「完全確率方式」といいます。

STEP4 賞品の交換方法

パチンコ台の上の機械(ナンバーランプ)※パチンコ台の右下にあるハンドル※6に「コール」や「呼び出し」等と書かれたボタンがありますので、押してみましょう。
スタッフが来ますので、遊技をやめる事を伝えましょう。
するとスタッフがあなたの球を計数機(ジェットカウンターと呼びます)に流し込みます。
流し終わると、ジェットカウンターからレシートが出てくるので、スタッフから受け取り、それをカウンターに持って行きましょう。
カウンタースタッフにレシートを渡し、お好きな賞品を獲得個数の範囲内で選び、申し出て下さい。